NEC LL750/W のバックライト(CCFL)交換


NEC LL750/W を仕入れてみたたところ、液晶が暗い症状が出ていました。通常、画面が赤みを帯びていたり暗かったりする場合は、バックライトの消耗か、インバーターの消耗、両方消耗している場合の3通りが考えられます。

今回はちょうど在庫があったのでバックライトまたは冷陰極管(CCFL)と呼ばれている極小の蛍光管から交換してみました。







  まずは分解


背面パネルのバッテリー付近のネジを全部抜いておきます。

 

ヒンジを裏からはずすと、電源ボタン付近のパネルが外れます。

 

ついでに全体のメンテナンスもするため点検したら、CPUファンも汚れているようなので外してみてビックリ!ヒートシンクの内側がホコリでびっしり詰まっていてふさがっていました。

 

びっしり詰まったヒートシンク

 

清掃後のヒートシンク

その後、ヒートシンクも取り外してCPUグリスを新しくしました。

 
 

  液晶パネルの取り外し








Wi-Fiのアンテナを無線LANのボードから取り外し、コードが液晶パネルにつながっているだけの状態にしてから、左右2本ずつネジをはずすと天板ごと液晶パネルが取り出せます。

液晶パネルの4つ端にあるゴムと取ると隠しネジがあるので、はずして液晶パネルの枠をはずします。

 

さらに両脇の4本のネジをはずして液晶パネルをひっくり返します。

 

液晶パネルの裏側にある端子を引き抜くと液晶パネルが取り出せます。

 
 

  冷陰極管(CCFL)の交換


まずは液晶の周りについているテープをすべてはがしてふたを持ち上げ、手前のコードが収まっているプラスチックをはがします。

 

裏側のネジをはずして少し引き出して、中に入っているバックライト(CCFL)を取り出します。

 


使い込んだバックライト(CCFL)だけあって、蛍光灯と同じように両脇が真っ黒になっていました。

 

同じ長さのバックライト(CCFL)を使うため、ガラス部分の長さを測ります。ちょうど手持ちで同じ長さのバックライト(CCFL)がありました!ラッキー!

 
 

  メンテナンスの完了!


あとは逆の手順で組み上げたら動作確認をしてメンテナンス完了です!
 
 







この記事がご参考になりましたら嬉しいです!

シェアしていただけましたら、励みになります~♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*