KENWOOD A-M70の修理

今日はKENWOODのコンパクト プリメインアンプ A-M70です。
相当古いアンプで、最初は左の音が鳴らなくなり、そのまま使っていたらとうとう電源は入るものの音が鳴らなくなってしまいました。
何年もしまったままでしたが、気が向いたので修理してみたいと思います。

写真

写真







 

 

  KENWOOD A-M70 とは?

 
このアンプはにBOSE 101を接続してコンパクトCDプレイヤーをスピーカーで聞くために開発されたようにカタログには書いてありましたが、よく調べてみると、NECのOEMでPC-SP101という名前でやはりBOSE 101をつなげてNECのpc-98シリーズというパソコン用に開発され、1991年11月20日にKENWOODからメーカー小売価格69,800円で発売されたものでした。

当時のカタログ写真とNEC PC-SP101

 
 

  不良部品の調査







まずは開けてみました。裏蓋にはスイッチがついているので、方向を覚えておきます。

蓋を開けたところ

平滑コンデンサーも本来は4700μFあったはずの容量が、4448μFと4400μFとなっていて左右の容量が合っていません。

左右の平滑コンデンサー容量

他のコンデンサーもESR値が大幅に上がりもはや役割を果たしていません。液漏れしていないのが不思議なくらいです。
どうやらコンデンサーは全部交換する必要がありそうです。

 

コンデンサーを全部外したところ

 
 

  部品の調達

 
平滑コンデンサーは海外より取り寄せました。思いのほかコンデンサーは85℃品ではなく、105℃品だったので、今回は当時は存在していなかった現代のオーディオ用コンデンサーでニチコン製のミューズを超える、ニチコン製の105℃品オーディオ用電解コンデンサ KTシリーズ とKAシリーズにしました。

 
今回はついでにオペアンプも有名な新日本無線(JRC)製のMUSES02に変更しました。ボリュームもガリガリ音がするので、分解整備しても良いのですが長年使用したので後継で同じサイズ同じ抵抗値のボリュームと換装しました。

 
 

  修理の完了確認

 
はんだづけを全部終え、エイジングして鳴らしてみました。しばらく聞いていなかったのでどう変化したのかわからなかったので、予備機としてもう1台中古品を買ってきて比較したところ、立ち込めていた霧が晴れたようにすっきりとした透明感と音の解像度の変化がはっきりとわかりました。ICアンプが入っているとはいえバブル期のアンプも捨てたものではないようです。

これでまたしばらく使えそうなので楽しみが増えました。







この記事がご参考になりましたら嬉しいです!

シェアしていただけましたら、励みになります~♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*