SONY MDS-E12 の修理とSCMS Free ジャンパー設定

ネジ3本とスプリング、ゴムベルトを外して小さなプラスチックの箱に入れてある、ソニー プロフェッショナルオーディオのMDS-E12が500円で売っていました。

MDS-E10もプロフェッショナルオーディオだけあって海外使用にスイッチするための、SCMS (シリアルコピーマネージメントシステム) Free のジャンパー設定がありますが、同じ基板なのでMDS-E12も可能なのかも知れません。




 

 

  まずは蓋を開けてみました。

 
部品が外れたまま動作確認をするわけにもいかず、サービスマニュアルを入手してまずは蓋を開けてみました。
そしたら、どうやら前のオーナーはドライブの上部にある金具だけを外してそれ以上分解するのを断念していたようです。

それにしてもさすが業務機だけあって高い部品が使ってあります。中がスカスカなのは技術の進歩と空気の流れを計算した結果でしょうか・・

ソニープロフェッショナルオーディオの機器は狭いスペースで電源をつけっぱなしにしておいても壊れにくい設計と部品が使ってあるという話をきいたことがありますが、納得の構成です。

 
 

  MDドライブの点検





やはりゴムベルトを取ったままになっていましたので、新しいものをつけました。

 
それにしても何か油状のスプレーしたような跡が見受けられます・・。こんなところに接点はないし前オーナーは何をしたかったのか理解に苦しみます。

きれいにクリーニングして付着しているホコリもきれいにしました。

 
ピックアップのレンズも無水アルコールで拭いた後に、前記事で書いたフジフィルムのデータシートを元に同じ組成で製作したレンズクリーナーできれいにクリーニングしました。

 
無水アルコールは油溶性のよごれを、レンズクリーナーは水溶性のよごれをそれぞれ落とすために使用しています。

 
 

  動作チェック

 
仮組みして動作チェックです。
録音/再生、LPモード、シークタイム・・・異常はないようです。

 
 

  SCMS Free ジャンパー設定

 
さすが SONY Professional audio の業務機だけあって、海外仕様に切り替えるためのSCMS Free ジャンパー設定が用意されているようです。
この図はMDS-E10のサービスマニュアルからの抜粋です。

そして、MDS-E12の画像がこれです。同じ基板を使っているので分かりやすいですね。MDのデータをいじっても面白くないので今回ジャンパ設定は変えませんが、さすがプロオーディオだけあって設計もしっかりしているのが分かります。

 
業務機なので今回はこのまま蓋を閉めてリファレンス機として活躍してもらいます。








スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*