SHARP BD-HDW22の整備

DVDは読み込めるけれど、BDの書き込み、読み込み時にエラーが出るSHARP BD-HDW22の整備です。
以前、2017年にメーカーで光学ドライブを交換しているので、レーザー出力低下はあまり考えられないので分解してみて見ます。







 

 

  ディスクが読めない原因とは

CD、DVDともに読み込めるので、ディスク型のクリーナーでは取れない汚れがついているか、ホコリが載っていると思い、分解してレンズを直接クリーニングしました。綿棒に無水アルコールをつけてクリーニングするのが一般的ですが、実はそれだけだと取れない汚れがあるので、フジフィルムのレンズクリーナーを併用して使用しました。

案の定、レンズの汚れが原因だったようです。
ブルーレイも録画/再生もできるようになりました。

中を開けて驚いたのが、光学ドライブへの接続がIDEだったことです。さらに中ではIDEをSATAに変換するボードを介してSATAの光学ドライブにつながっていて、もっと驚きました。もしかすると、汎用のブルーレイドライブでも動いてしまうかも知れません。







この記事がご参考になりましたら嬉しいです!

シェアしていただけましたら、励みになります~♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*