SONY スゴ録 DBZ-RX55 の修理

電源を投入してもSYSTEM ERROR で起動しないSONY スゴ録の DBZ-RX55 が入ってきました。
DVDレコーダーやブルーレイレコーダーの故障は、光学ドライブとHDDの故障が定番ですがたまにコンデンサーの容量抜けやセラミックの積層コンデンサーのクラックが原因の場合もあります。早速様子をみて行きましょう。







  まずは動作確認から

まずは電源を入れて症状を確認します。
電源を投入すると、Welcomeの表示に続いてPlease Waitが点滅します。HDDを見に行く音がしてしばらくするとSystem Errorが出て画面にはサービスへの案内が表示されます。

別段HDDに異音はありませんが、微妙に連続して読みにいっているみたいで、途中でSystem Errorが出ている感じがします。

 
 

  SATAケーブルの接点を清掃してみました







光学ドライブとHDDのSATA接点と、それぞれのマザーボード側の接点を接点クリーナーをつぶした綿棒に含ませてクリーニングしてみましたが同じ症状でした。

 
 

  ブルーレイドライブのメンテナンス

どっち道やらないといけないので簡単な方から光学ドライブのメンテナンスをして見ました。
このモデルはベゼルをはずさなくても4本のねじをとるとドライブが取り出せる構造になっていました。
矢印のネジ6本と背面のネジ2本をとると、裏蓋が取れました。フロントのふたはつめで引っかかっているだけなのでそのまま上に外れます。

 
通常はトレーをオープンするために手で回すギアがありますが、この機種はないようです。
トレー側裏面のレバーを中心のほうへ動かすとトレーのロックが外れて前面に引き出せるようになりました。

 
ゴムベルトはまだ痛んでないようです。レンズは無水エタノールでクリーニングした後、レンズクリーナーでクリーニングしておきます。
それがすんだら元のように組み立てて、本体に装着します。

 
 

  ブルーレイドライブのメンテナンスの結果

ブルーレイドライブを本体に装着して起動してみましたが、症状は変わりません。HDDから異音はありませんが、ずっとヘッドが動いているような音がしています。

ここで電源を長押しして強制終了させましたがしばらくすると勝手に電源が入って SYSTEM ERROR が出ます。どうも、コントロール基盤の不具合なのかも知れません。メーカーサイトの指示に従い、フロントパネルにあるリセットスイッチを押しても症状はかわりませんでした。ますます怪しいですね~

とりあえず、2TBの代替HDDを用意したので換装してみました。

 
 

  HDDの換装

HDDの換装は、HDDの乗っている台座を4本のネジではずして、さらにHDDと直についている4本のネジをはずして新しいものと付け替えるだけです。

 
 

  サービスモードに異変が

HDDを付け替えたので、停止ボタン+録画停止ボタン+チャンネルボタンの- を同時に押した状態で電源を入れてSERVICE MODE に入ります。と、ここでまた新たな症状が発覚しました。サービスモードの画面が真っ暗で出ません・・・・・電源スイッチを長押しして電源を切ってもしばらくすると勝手に起動しておきまりのSystem Errorが出て画面にはサービスへの案内が表示されます。

サービスモードの画面が出ないということは、本体側のプログラム起動に支障がある可能性が濃厚なので、ビルトイン ソフトウェア(ファームウェア)が狂ったかバグがあるのかもしれません。

 
 

  あらら、なんと思っても見なかった結果に・・

ここで、SONY公式ページでリコール品となっていることを発見しました。
SONY公式ページ

「特定のICが原因で録画した画像にノイズが入るなどの症状が一部の製品で発生する場合があることが判明いたしました。」と書いてあって、症状のところの2番目には「起動しない」と書いてあるではないですか!しかも無償修理期間は終了しています・・・

ICの型番がわかればよいのですが、SONYの自社製ICだったり、ファームウェアの書き換えの場合はSONY以外での修理は不可能です。
今回はしばらく考えることにしました・・・・・残念!!

 
 







この記事がご参考になりましたら嬉しいです!

シェアしていただけましたら、励みになります~♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*