SONY TCD-D8 の修理

不意に落下させてしまってそれ以来、カシャカシャと異音がして異様に回転が遅くなりました。
しばらく放置しておいたのですが、どうなっているのかチェックしてみたいと思います。




 

 

  まずは分解します。

 
まずは後ろのネジ4本を外します。

ネジを外して蓋を開けたらまたネジ4本とフレキシブルケーブル、はんだこてではんだをはずし基板を裏返しにします。このとき、裏側にもフレキシブルケーブルが接続されているので、とれるとおって引っ張ってしまうと切断してしまうので注意が必要です。

フレキシブルケーブルを外したら、さらに3本のネジを取って、中のギアをあらわにします。

一方、表側は蓋の後ろのネジを2本外して開けると、カセットホルダーがあるので両脇のネジを外してめくります。次に稼動部分を露出させるために2本のネジを取ってカバーを開けます。

 
 

  いよいよクリーニング

 
ギアをすべて外して洗浄後、グリスを塗って元通りに組み立てましたが、症状が直りません。確かどこかのバネの劣化でもこういう症状は出ましたが、今回は落下による故障なので、変形か内部破損があるはずなのですがそこまでのことはサービスマニュアルにも書いてありません。
完動品と比べたいところですが、ヤフオクでもジャンクが高騰しているようなので、チャンスがあったら落札して比較してみようと思います。

というわけで、今回は完動品が手に入るまでのしばらくの間、保留とします。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*