ステレオミニプラグが壊れたときの対処法

ヘッドホンなど、ステレオミニプラグがいつの間に接触不良や壊れて聞こえなくなってしまったなんて事ありませんか?実はプラグの先端だけを購入して付け替えるだけで復活します。今回は大きなヘッドホンですが、インナーヘッドホンのときも使えるので接触が悪くなったときには捨てないで試してみるのも良いでしょう。今日は壊れたステレオミニプラグを新品のものに交換してみました。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

 
 

 
 

  まずは下調べ

 

まずは1~2cmくらい配線がついた状態でプラグをペンチなどで切り取ります。次に線をむいて何色がプラグのどの部分につながっているのかをテスターなどで調べておきます。今回は、青が先端、赤が先端から2番目、白が先端から3番目につながっていました。ちなみにステレオミニプラグのピン配列は先端からL,R,アースの順番になっています。

 
 

  パーツ調達

 

今回はステレオミニプラグの先端部分だけを購入します。分解してみて購入したミニプラグのどのピンがプラグのどの部分につながっているのかわからない時は、テスターなどで調べておくと良いでしょう。ステレオミニプラグも色々なメーカーから発売されていますが、きつくて抜き差しに力が必要なものやゆるゆるのものまでありますので、好みのものを選ぶと失敗が少なくて済みます。今回は少々大きめなプラグになりますが、しっかり接続できて抜き差しもスムーズなことで定評のあるカナレ製のミニプラグを購入しました。

 
 

  半田で接続、即完了!

 

スプリングとプラグ本体とプラスチックのチューブは配線へ通しておいて下調べした通りに半田で接続すれば即完了です!元通りちゃんと音が聞けるようになりました!




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*