TASCAM DA-30 MKⅡ Error01 の修理


TASCAM DA-30 MKⅡはTASCAM DA-30 の後継機種で、当時は汎用の業務機としてレコーディングスタジオからオーディオマニアまでかなり売れたDATでした。

何年も前にメーカーでヘッドの中にあるICから稼働時間を見てくれて、まだ1週間くらいしか使用していない固体でしたが、変更部品が結構あったので7万円くらいかけてオーバーホールしたままにしておいたらError01で動作しなくなっていました。

メンテナンスマニュアルを入手したので、直してみました。







 

 

  原因調査


まずは蓋を開けたまま動作させて、どうなっているのか症状をチェックしました。
電源とDATテープを入れると、テープガイドが途中で戻ってきてしまい、何度も往復するうちにError01が出るようです。

 
 

  分解&原因究明~メンテナンス








DATドライブのメカをひっくり返してみたら、小さなゴムベルトが滑っているようです。

内径φ11mm x 0.95mm となんとも小さなゴムベルト(角)でこの大きさは汎用品にはなく、特注でベルト業者に作っていただき交換しました。

 
 

  完了


再生してみたところ、ラッキーなことに音飛びもなくテープパスは狂っていないようです!
このDATはデジタルコピーコントロール(SCMS)の信号をコントロール可能で、1回ダビング可/ダビング不可/ダビング無制限をスイッチで設定できるので、他のDAT機で録音してダビング不可になったテープからでもデジタルダビングが可能なのでとても便利です。

かなり古いので48KHz 16bit までしか扱えないのが玉に傷ですね・・・







この記事がご参考になりましたら嬉しいです!

シェアしていただけましたら、励みになります~♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*