SONY TC-KA7ES の修理

今回はSONY 渾身の最終フラグシップモデルのカセットデッキ、TC-KA7ESの登場です!
ワンオーナーの機械ですが古いので再生、早送り、巻き戻しどれも動かなくなってしまったようです。
さっそく蓋を開けてカセットメカのメンテナンスに入ります。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

このカセットメカは”新型”と呼ばれ、TC-K***ESG以降、基本的に同じ構造をしているメカになります。

メカにはゴムベルトが2本使ってありますが、プーリーに取り付けてあるゴムベルトがのびのびになっていました。
並べてみるとさほど変わらないように見えますが、重ねてみると直径が伸びてしまっています。


プラスチックのギアやカムもすべて外してパーツクリーナーで綺麗にクリーニングして新しいグリスを塗り組み上げます。
ヘッドブロックの下にはベアリングがあって、ブロックを上げ下げするときの抵抗を少なくしていますが、TC-KA7ESにだけはヘッドブロックを押さえているリーフスプリングの下にももう1つベアリングがあるので合計4個のベアリングを取り出してクリーニングします。ここは元々圧力がかかるのでモリブデングリスが使用されていますが、経年劣化で固まっていました。

カセットメカを組み上げたら消去ヘッド、録音/再生ヘッド、左右のキャプスタンを消磁してカセットホルダーはつけずにミラーカセットでテープパスを調整します。送り側のピンチローラーがツルツル光っていてどうなることかと思いましたが、クリーニングしたらものすごく汚れがとれてツルツルが消えました。

ピンチローラーが不安だったのでまずはワウ&フラッターを確認しました。規定内に収まっていたのでひと安心しました。

そのほかテープ速度や各トルク、電気調整各種を点検・調整して完了です。

ヘッドが磨耗していて若干音質が落ちているのも気になりますが、新しいヘッドは手に入らないのでこればかりは仕方がありません。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*