業者なみのプロ音質でレコードをハイレゾ(CD)化してみた

CD化されていないレコードや、元々はレコードだったものをCDとして発売するときにカットされてしまったトラックがあるアルバムなどはハイレゾ化(デジタル化)してPCや携帯にデータを記録したり、CD化するとハンドリングが便利になのでやってみました。







 

  音の聞き比べ

 
CDに記録されている周波数は20Hz~20KHzの音がサンプリングされていますが、レコードは針が飛ばされない程度の低音しかカットしていないので、14Hz~30KHz前後までの音が録音されているといわれています。

LPレコードとCDとハイレゾ録音された同じアルバムをよく聞き比べてみました。CDとLPレコードでは、LPのほうは解像度を48KHz 24bitでサンプリングしたので、CDよりもLPレコードのほうが解像度がやや高く感じます。

全体的には、CDはLP用のマザーからサンプリングされているようで、CDとLPではLPのほうが音が緻密で、ハイレゾのほうはマスターから新たにサンプリングされていてさらに緻密な音に感じます。

映像で言うと、レーザーディスク製造用のSD画質のアナログマスターをサンプリングしているのがCDで、HDリマスター版としてフィルムから新たにHD画質としてサンプリングしたのがハイレゾのような感じがします。ハイレゾとして販売されているほうの音はさすがにCDやLPレコードより解像度というか、音の表現の緻密さに差が出ています。

PCからUSBオーディオインターフェースを通してSONY製のスタジオ定番とされるモニターヘッドホン(MDR-CD900ST)で聞くと違いがはっきり分かりました。

 
 

  録音環境







現在、レコードをデジタル化するためのプレイヤーは直接サンプリングしてUSBやCDカードなどに記録できるものもありますが、ライブ録音など連続で録音されている場合、自動でインデックスを作ると変なところでトラックが作られてしまって不便もあるようです。

また、直接サンプリングしてUSBやCDカードなどに記録できるプレイヤーは安物の専用カートリッジしか装着できないものが多く、バブル期のレコードプレイヤーのように高級カートリッジのレコードの溝に対する追従性を重視した設計になっていないので、音の微妙なニュアンスや透明感があまり感じられなくなっているようです。

今回は、再生側でバブル期にもオーディオ雑誌の誌面を飾っていたレコードプレイヤー(DENON DP-57L)、カートリッジ(オーディオテクニカ AT-33E MC型)、アンプのPhonoイコライザー(KENWOOD L-03A)を使用し、PC側はUSBオーディオインターフェースにRoland UA-25EXを使用して96KHz 24bitにてサンプリングしてみました。

 

  クリーニングは音を制す

 
以前の記事プロ音質になるアナログレコードのクリーニングとは? 01, 02, 03でも書いたように、溝の中のよごれは出来るだけ落としておいたほうが透明感のある音が出るようになります。

元々新品のレコードでもプレス時につける剥離剤がついたまま出荷されているので、それを落とさないと本当にきれいな音にはなりませんし、そのままプレイヤーでかけてしまうと再生時に剥がれ落ちた剥離剤とほこりがレコードの溝にたまってノイズが増えていきます。

針も超音波のスタイラスクリーナーなどで洗浄してなるべく表面によごれがないほうがノイズを避けることが出来ます。
現在は、FLUX HIFIという会社がSONICというスタイラスクリーナーを販売しています。

針先の写真は、USB接続のCCD顕微鏡(デジタルマイクロスコープ)で針先の状態を確認している途中に画像化しました。

 
 

PC側の設定と録音

 
ソフトウェアは昔からSoundforegeを使用していますが、フリーソフトのAudacityやSoundEngine Freeでも同じように録音できます。
Soundforege は windows 3.1 の頃に Soundfoundry という会社が開発しましたが、後に SONY が買収し、今ではドイツのMAGIX社が買収しています。

レコードプレイヤーからの出力は昇圧しないと使用できないので、phono用の昇圧トランスか、アンプのphonoイコライザーを通してからUSBオーディオインターフェイスを介してコンピューターに接続します。

次に録音するソフトを立ち上げて、録音モードにしてレコードをかけて一番大きな音が割れないよう、一番大きな音がするときにピークレベルを-0.3dbに設定します。

ソフトウェアを録音状態にしてからレコードをかけて録音します。







この記事がご参考になりましたら嬉しいです!

シェアしていただけましたら、励みになります~♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*