あると便利な道具たち その2

工具や測定器などあると便利な道具たちVol.2です



スポンサーリンク



スポンサーリンク

 

 

  はんだ、はんだ吸い取り機、はんだ吸い取り線

 
はんだは、直径0.3mm、0.6mm、0.8mm があると細かいはんだ付けが効率的になります。またはんだで基板についている部品をとるために、はんだごてで半田を溶かしてはんだ吸い取り機を使って空気圧で吸い取った後、はんだ吸い取り線で残った半田を吸い取ると、ほぼ跡型なく吸い取れます。その後、無水エタノールでクリーニングを施します。

 
 

  はんだフラックス

 
松ヤニをアルコールに溶かした液体で、はんだをつけようとするところに塗っておくと適度な濡れが確保できてはんだがつきやすくなります。数種類あって、中には基板のパターンを腐食するものもあるので、はんだづけが終わったら綿棒と無水エタノールでクリーニングします。

 
 

  ヒートガン

 
産業用のヒーターでドライヤーの形をしています。高温のものは550℃程度の熱風を噴き出してはんだづけに使用したり、PS3やコンピューターのグラフィックボードのはんだクラックを修理するときなどに使用します。

 
 

  リューター

 
ちょっとした整形やバリ取りなどに重宝します。特にコットンを取り付けるとなかなか手では取れないよごれもすぐ落とすことが出来たりします。

 
 

  スライダック

 
アンプなどの修理の動作確認時にコンセントにつないで100Vの電源を入れてしまうと、中のパーツがなし崩しに壊れてしまうことがあるため、スライダックで様子を見ながら少ない電圧から徐々に上げていって動作確認するときなどに使用します。スライダックは交流電源なので、直流安定化電源とは違います。

 
 

  ポリッシャー

 
ノートパソコンの天板などを磨いたり、傷ついたCD、DVD、レーザーディスク、ブルーレイディスクなどを研磨するときに使用します。コンパウンドを使い分けると車の表面のようなつやが出ます。

写真のものはシングルアクションですが、そのほかダブルアクションやランダムアクションのポリッシャーがあります。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*