アームリフターのメンテナンス

arm lifter
ターンテーブルが直ったと思ったら、アームリフターのグリス(オイル)が切れスカスカになっていてリフターとともにアームがなんの抵抗もなくストンと降下してしまいます。これではカートリッジのカンチレバーとレコードの音溝をいためてしまうので、メンテナンスしなければ・・・







  ふたを開けました

arm lifter
蓋を手でねじるとスプリングが飛び出してきます。

arm lifter
そのまま中身を全部取り出します。
前のグリスがベタベタになって残っていたので、ブレークリーン(パーツクリーナー)で洗い流しました。
油圧かと思ったら、グリスの抵抗で降下させていたなんて驚きです!

 
 

  新しいグリス

arm lifter
タミヤのシリコンデフオイル#100,000を購入しました。
中のシリンダーによく塗って元のように組み立てると完了です!

無付加で3~4秒と降りるのが少し早めな気もしますが、カンチレバーにダメージはなさそうです。

様子を見て、もう少し遅めにしたいときはシリコンデフオイルの#200,000 #500,000と粘度をあげていこうと思います。

簡単ですね~。
今回はこれでメンテナンスの完了とします。アナログオーディオの醍醐味ですね・・。

 
 







この記事がご参考になりましたら嬉しいです!

シェアしていただけましたら、励みになります~♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*