電子ブックプレーヤー DD-300の液晶パネル交換

SONY DD-300
使い込んで液晶パネルが焼けたSONYの電子ブックプレーヤー DD-300が入ってきました。

液晶は焼けているけど8インチCDは読み込むDD-300と、液晶パネルは綺麗だけどCDを読み込まない同型のソニーDD-300から液晶も綺麗で8インチCDも読み込む1台を作りました。
「電子ブックプレーヤー DD-300の液晶パネル交換」の続きを読む…

オーバーハング、針圧、トラッキングエラー、アジマス、アンチスケーティングの調整

DL-103R
待望のDENON DL-103R を購入したので、オーバーハング、針圧、トラッキングエラー、アジマス、アンチスケーティングの調整をしてみました。これらを正確に調節しないとどんなに高額のカートリッジやターンテーブルでもアバウトな音しか出てこないので注意する必要があります。

それぞれの調整をどうすればいいのか、用語や意味は解説してあるところは多いですが、具体的な流れで書いてあるところがなかなか無いので、順を追って設定して行きます。
「オーバーハング、針圧、トラッキングエラー、アジマス、アンチスケーティングの調整」の続きを読む…

SONY CDP-950の音飛び、音が出ない、ノイズなどの故障原因と修理方法

SONY CDP-950
振動に弱くなったという症状のソニーCDプレーヤー SONY CDP-950が入ってきました。
故障ということなのでさっそくCDを入れてかけて振動を与えてみると、音が途切れます。よくある症状の音がスリップする感じではなくて、一瞬止まって同じところから再生されます。さらにディスクの終わりに近いところでは音飛びが発生しています。

ディスクが回らないことは無いのでもう少し観察していると、ボリュームが大きくなるところでバチッという派手な音割れのようなノイズが入ります。よく静電気なんていわれますが、きっと信号のトレースがうまくいっていないのかも知れません。

CDの動作は、CDが入るとピックアップユニットがフォーカス(ピントあわせ)をします。それが出来ると、フリーランの状態でディスクを回し始め、TOC(インデックスデータ)を読み取るために

モーターにサーボがかかってからキュルキュルというデータ読み取りの場所を探す音(シーク音)が発生して、無事データを読み取り始めると再生音が出力されるようになっているので、データを読み取るピックアップユニットあたりが怪しいと予想しました・・・

「SONY CDP-950の音飛び、音が出ない、ノイズなどの故障原因と修理方法」の続きを読む…