あると便利な道具たち その1

ドライバー類をはじめ、測定器などあると便利な道具たちを紹介します。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

 
 

 
 

  LCRメーター

 
LCRメーターは、古いコンデンサーの点検や、交換する前の新しいコンデンサーを点検するときに使用します。

コンデンサーは理論上、回路図では抵抗値は0Ω(オーム)ということになっていますが、使用しているうちにだんだん電気が流れにくくなってきます。これを等価直流抵抗値(ESR)と言って、抵抗器に直すとどのくらい抵抗があるかを表しています。

等価直流抵抗値(ESR)が測定できるLCRメーターでは、コンデンサーの静電容量(μFと書いてある値)は減っていなくても、等価直流抵抗値(ESR)が分かればコンデンサーの交換時期が測定によって分かるのでとても便利です。

次の2種類のLCRメーターは測定できる静電容量の範囲が違います。それと黄色のほうはコンデンサー単体で測定しなければなりませんが、青紫のほうは、回路がショートしていないコンデンサーは基板上で測定可能なLCRメーターになります。

 
 

  メタルクラッド抵抗器

 
コンデンサーの測定前には、コンデンサー内に蓄電されている電気を放電してから測定しないと測定器が壊れてしまいます。そんなときこちらのメタルクラッド抵抗器やホーローの巻き線抵抗器でコンデンサー内に蓄電されている電気を放電します。

テスターで並列接続して電圧計でモニターすると電圧が0Vになることで放電完了が分かります。
写真のメタルクラッド抵抗器は1KΩ 300W です。長さはノートパソコン用のメモリ2枚分ぐらいです。

 
 

  直流安定化電源

 
写真ではちょっと見えにくいのですが、奥の装置になります。修理時に取り外したモーターの動作確認をしたり、テストとして回路に直流電流を流すときにはとても便利です。SONY VAIO のACアダプターが19Vあるので、20V 5A 程度の出力があれば大体の場面では用足ります。写真のものは36V 20Aの出力があります。

 
 

  はんだこて

 
最初は30W程度のもので十分ですが、いろいろなものを修理しているうちに必要に応じて買い足していったので増えてしまいました。特にCPUの真後ろに当たるところに表面実装のコンデンサーをはんだづけするときには放熱がはげしく、通常60W、真冬には80Wのものが必要でした。また、急速に温度をコントロールできるものや極小のこて先でICのはんだづけをするために可変でワット数を変更可能な半田こても必要なときがありました。

通常使用としては、40Wの平らな穂先とD型と呼ばれる半田を載せやすい穂先を使い分けています。

 
 

  無水アルコールとハンドラップ

 
無水アルコールは綿棒の先にちょっとつけたり、ワイパーに多めにつけたりしてあらゆるクリーニングに使用します。そのとき、ハンドラップがあると、上の皿を押すだけで適量のアルコールが出てくるので、不純物を含みにくく片手で使用できてとても便利です。

 
 

  はんだ補助クリップ

 
はんだづけするときには、両手が開いていないのでとても便利です。ただのクリップとレンズがついているものがあって、レンズがついているものは表面実装のパーツなど細かいものをつける用途別に使います。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*