Tips

実は簡単!ドライヤーやラジカセなど家電製品の電源コードの断線は数百円の料金で修理できる!

ドライヤーやラジカセなどの家電製品の電源コードやケーブルの根元から断線したり、被覆が破損して中の銅線(導線)がむき出しになったことがありませんか?

そのままにしておくと感電や家事の元になってとても危険ですが、
修理業者に依頼すると、人件費こみで1万円以上の修理料金がかかってしまいます。



でも実は修理方法を知っていればもっと少ない費用で簡単に修理することが出来るんです!

この記事では配線コードのつなぎ方や実際に修理する手順を順に追っていきますね。

銅線(導線)がむき出しになった電源コード

ふと長年使っていたドライヤーの根元を見たら、皮膜がはがれて銅線(銅線)がむき出しになっていました。
このままだと無意識に触ると感電してしまうし、水などがはねてショートすると火事の元になったりして非常に危険なので直してみました。

現状の確認

蓋を開けてみました。
一目見て驚きました。メーカー製なのに内部のケーブルのつなぎ目に通常は絶縁チューブで処理されていても良いところが、ビニールテープでゆるく1周巻いてあるだけでした。コスト削減でしょうか?

絶縁テープがゆるく1周巻いてあるところ絶縁テープがゆるく1周巻いてあるところ

テープを外すとハンダ付けした接合部が見えてきました。

ハンダ付けされた接合部ハンダ付けされた接合部

よく見てみると、導線(銅線)がむき出しになっているすぐそばにもいくつも亀裂が走っています。
これは、電源コードの被覆がはがれたところを修復するよりも元から交換したほうが良さそうです。

むき出しになった導線のそばにも亀裂が走っているむき出しになった導線のそばにも亀裂が走っている

コード(ケーブル)同士のつなぎ方は修復するのと同じなので、前に書いた記事のケーブル(電源コードなど)同士のつなぎ方のうちの熱圧縮チューブによる接合方法でつなげてみたいと思います。

電源コードの選定

被覆が破れたコードは、VFFと書かれています。
耐熱は通常の60度のようです。

VFFケーブルVFFケーブル

ホームセンターに来ました。
電源プラグが付いていて、片方は何もついていないケーブルはVFFケーブルだけではなく、被覆が2重になっているVCT-FKケーブルも売られていました。

探しているのは2mのコードですが、なんと、被覆が2重のVCT-FKケーブルのほうが安くて驚きました。

VFFケーブルVFFケーブル
VCT-FKケーブルVCT-FKケーブル

VCT-FKケーブルを購入しました。

購入したVCT-FKケーブル購入したVCT-FKケーブル

ついでに被覆に使う熱収縮チューブも購入します。太さ(直径)はφ3mmで十分でしょう。

ホームセンターの熱収縮チューブホームセンターの熱収縮チューブ

念のためビニールテープも購入しました。

購入した熱収縮チューブとビニールテープ購入した熱収縮チューブとビニールテープ

ケーブルの交換

前に書いた記事のケーブル(電源コードなど)同士のつなぎ方のうちの熱圧縮チューブによる接合方法でつなげてみました。

熱収縮チューブをつけたところ熱収縮チューブをつけたところ

コードは使っているうちに意識しなくても引っ張られるので、引っ張られないように内部にコードを引っ掛けるところがある場合とない場合があって、ない場合は中で1回縛ってそれ以上引っ張られないようにするのが通常の処置になっています。このドライヤーは引っ掛ける場所があるタイプのものなので、きれいに収めて引っ掛けます。

ケーブルをハウジングに収めたところ熱収縮チューブをつけたところ
拡大したところ拡大したところ

元のように蓋を閉めて動作確認しました。これで電源コードの交換修理完了です。

電源ケーブルの交換完了電源ケーブルの交換完了









この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。