ターンテーブル

アームリフターのオイル補充メンテナンス調整

動作確認

先日修理したレコードプレーヤー(ターンテーブル)DENON DP-2800のアームリフターですが、よく見てみると、オイルが切れてスカスカになっていました。

このままではカートリッジのカンチレバーに悪い影響が出そうです。
そこで今日はアームリフターのオイルを交換修理してみました。

アームリフターのオイルの交換修理

まずは上の蓋を開けたら中からバネが伸びてきました。

バネ、シリンダー、ハンドルと順に外しました。このハンドルを回すと空間が出来てシリンダーが落ちるタイプです。
オイルだけで落ちるので固めのみのが良いですが、すっかり乾いていてこれではスカスカなわけです。

今回はタミヤ OPパーツ OP1294 シリコンデフオイル #100000をつけて組み立てました。

動作はちょっと早めですが、カートリッジをいためることは無いでしょう。
夏にもっと早くなるようでしたら、タミヤ OPパーツ OP1419 シリコンデフオイル #1000000に変更します。









この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめ記事
  • おすすめの投稿がありません