ゲーム機・ソフト

初代PS3のYLOD(赤ランプ点滅故障)修理

赤点滅の初代PS3

ハードオフでディスクを読み込まない初代のPS3が2,000円で売っていたので買ってみました。

2000円の値札2000円の値札

症状確認

電源を入れたら思ったとおり電源を入れた瞬間にグリーンのLED表示が赤く点滅して画面は真っ黒のまま電源ボタンのすぐ上にある赤ランプが点灯して先に進まない、いわゆるYLODと呼ばれる赤点滅(赤ランプ点滅故障)を発症していました。

この症状の原因は、GPUが発熱/冷却を繰り返すうちに基盤とGPUチップの間のハンダボールがクラック(ひび割れ)をおこして通電しなくなり、起動時にPS3のBIOSがエラーになっている既知の不具合です。

分解

ネジを外して蓋をあけると各ユニットに分かれているので、1つずつ取り出していくと、マザーボードまで到達できます。
すごくホコリがたまっていたので、コンプレッサーのエアーで吹き飛ばしながらの作業になりました。

初代PS3のマザーボード初代PS3のマザーボード

ついでにと思って、DVDデッキのメカユニットも取り寄せたので交換してしまいます。

PS3のDVDドライブユニットPS3のDVDドライブユニット

YLOD(赤ランプ点滅故障)の修理

GPUのグリスを拭き取ったら、GPUとマザーボードの間にはんだフラックスを染み込ませて、ヒートガンであぶります。

PS3のGPUPS3のGPU

ヒートガンとは、工業用のドライヤーで550度ぐらいの熱風が出る機械です。
はんだづけや熱収縮チューブにも使用します。
大きさはドライヤーの形をしたものや、セラミックコンデンサーなどの極小の表面実装パーツ用で先が細いものまでさまざまです。

ドライヤー型のヒートガンドライヤー型のヒートガン
表面実装の細かいパーツ用のヒートガン表面実装の細かいパーツ用のヒートガン

動作確認~修理完了

動作確認のため、最小限のネジ止めで各ユニットを元に戻して電源を入れてみました。
無事画面がついたので、元に戻して修理完了です。

電源が入ったところ電源が入ったところ








この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。