あると便利な道具たち

ハンダ作業の道具たち

あると便利な道具たち_ハンダ作業用の道具たち

はんだごて

最初は30W程度のもので十分です。
私はいろいろなものを修理しているうちに必要に応じて買い足していったので増えてしまいました。

特にCPUの真後ろに当たるところに表面実装のコンデンサーをはんだづけするときには放熱がはげしく、通常60W、真冬には80Wのものが必要でした。

また、急速に温度をコントロールできるものや極小のこて先でICのはんだづけをするために可変でワット数を変更可能な半田こても必要なときがありました。

通常使用では、40Wのはんだごてにはんだを載せやすい平らなD型と呼ばれるこて先を使用しています。

はんだごてはんだごて
D型のこて先D型のこて先

はんだごてスタンド(はんだこて台)

熱くなったはんだごてを置く台(スタンド)です。
スポンジに水を染み込ませておいて、余分なはんだをこすって落とします。

重いもののほうがはんだを落とすときに動かないのでおすすめです。
スポンジの端のほうに切り込みを入れておくと、余分なはんだを落としやすくなります。

はんだごてスタンドはんだごてスタンド
はんだごてスタンド(はんだこて台)のスポンジを切ったところはんだごてスタンド(はんだこて台)のスポンジを切ったところ

はんだ補助クリップ(ツールクリッパー)

はんだづけするときには、両手が開いていないのでとても便利です。ただのクリップとレンズがついているものがあって、レンズがついているものは表面実装のパーツなど細かいものをつける用途別に使います。

はんだクリップ(ツールクリッパー)はんだクリップ(ツールクリッパー)

はんだ

はんだは、直径0.3mm、0.6mm、0.8mm があると細かいはんだ付けが効率的になります。
メーカーでは無鉛はんだが主流ですが、オーディオ用では音質に影響があるとして有鉛はんだを使用しているところもあります。わたしもオーディオ用には昔のはんだ(左端の古いはんだ)を使用しています。

はんだはんだ

手動はんだ吸取機

空気圧ではんだを吸い取るポンプです。先のところに耐熱のシリコンチューブをつけておくと効率が上がります。

手動はんだ吸取器手動はんだ吸取器
はんだ吸い取り器の先端はんだ吸い取り器の先端

はんだ吸取線

はんだ吸取線は何種類か太さがありますが、2mmと3mmのものを用意しておくと、吸い取る範囲に応じて使い分けが出来るので便利です。
とくにあらかじめフラックスを染み込ませて乾かしてあるものは吸い取り性能が抜群で使いやすくなっています。

はんだ吸取線はんだ吸取線

はんだフラックス

松ヤニをアルコールに溶かした液体で、はんだをつけようとするところに塗っておくと適度な濡れが確保できてはんだがつきやすくなります。数種類あって、中には基板のパターンを腐食するものもあるので、はんだづけが終わったら綿棒と無水エタノールでクリーニングします。

はんだフラックスはんだフラックス

電動はんだ吸い取り機

ICやコネクターなど、足が多い部品を外すときに使用します。電動で吸い取るので穴の中にはんだを残すことなく吸い取れて効率よく足が多い部品を外すことが可能になります。1台持っていると効率が上がります

電動はんだ吸い取り機電動はんだ吸い取り機

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。