コンポ

パナソニック(Panasonic) SA-PM47MDの分解修理(メンテナンス)の方法と手順

症状の確認

トレーを閉めてもすぐ出てきてしまってCDがかけられない症状のPanasonic(パナソニック)のMDつきミニコンポSA-PM47MDが入ってきました。

さっそく試してみたら、一度CdトレーをOPENしたら最後、Closeボタンを押してもトレーが出てきてしまいます。

原因は、トレーの位置検出用のスイッチの接点が汚れていて、電気が流れにくくなっている可能性が濃厚です。

修理開始

左右側面のネジをはずしてずらすと、側面がはずせます。

背面上部の3本のネジをはずして、

背面の7本のネジをはずします。

上蓋は後ろから持ち上げ、背面のカバーはそのまま後ろへ引くと単に外れます。
フレキシブルケーブルは強度が弱いので、引っ張ってしまわないよう、気をつけてゆっくり抜いていきます。

前面パネルは底と両側面のツメに気をつけて前面に引っ張るとはずせます。

前面パネルもはずせました。

CDドライブを外します。
ユニットのまわりのネジを外します。

CDドライブユニットを取り外しました。
ついでにゴムベルトも交換ししようと思っていましたが、使用されていないようです。

CDドライブユニットを見てみると、前面右側にスイッチが見えます。
どうやらこのスイッチでトレーの開閉を認識しているようです。

スイッチだけを取り外しました。
テスターのプローブをスイッチの電極につけながら、スイッチを動かしても通電しません。

パーツも探しましたが、どうやら専用パーツで個別では販売されていないようなので、分解して接点をクリーニングします。

分解して、無水エタノールでクリーニング後に接点クリーナーを塗布したところです。
クリーニング前は、真ん中のパーツの金属部分が汚れで真っ黒になっていて接点そのものが見えないほどでした。

綺麗になったので、スイッチを組み上げてテスターのプローブをスイッチの電極につけながら、スイッチを動かすと、今度はちゃんと通電しました。

修理後の動作確認

ついでなので、ピックアップレンズもクリーン具してから途中まで仮組みして動作確認をしました。
トレーの動作は良好になりました。CDの再生もシークタイムも遅くないので大丈夫そうです。

音出しも左右ちゃんと鳴っています。

修理完了

そのまま元通りに組み上げて、修理完了です。









この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめ記事
  • おすすめの投稿がありません